Non stress LIFE

CHUUUT!私です。

いきなりですけど、mannerism(マンネリズム)って言葉を聞いた事あると思います。

新鮮味や独創性がなく、退屈したり飽きたりしてしまう事らしいんです。

よく芸術の分野で使われたりするんですけど。

最近、マンネリ化についての相談を受ける事があったので、

今回は経験を踏まえて、一人暮らしである私のマンネリズム対策を探ってみようと思います!

理想のライフスタイル

半年前くらいですか〜

仕事も安定、家族や友人も健康、休日は欲しい物を買い、友人と散歩しランチをする。

嫌な事もあるけど、何不自由なく生活できてるし、まさにノンストレスなライフスタイル。

ところがどっこい、、、

どこか物足りないな〜って違和感を感じ始めます。(あれ、理想の自分てこんなんじゃ無かったような…?!とか)

劣等感からくる焦りも感じていたのかもしれません。

今まで通り理想の日々を保つために「自分は自分だ」と、理想論だけで片付けるのが日課で、

今思うと、この時既に私のライフスタイルはマンネリ化してたんですね〜

※因みに、病んではいません!←ご安心を^▽^

違和感の正体

自分のライフスタイルに違和感を持たせ、マンネリ化を気付かせてくれた正体はズバリ、

「ライフスタイル」と「理想の自分」のギャップ

Q:理想像に近づくために日々を送っていますか?

Q:現状の日々を過ごしていれば理想像に辿り着けますか?

A:(心の中でどうぞ)

NOと答えた方は少なからず違和感や焦りから、自分を見つめ直す事もあると思います。

当時の私もそのひとり!

結論:常に新鮮を求む

なんか暗い話に思えたかもしれませんが、結論私が声を大にして言いたいのが、

誰だってマンネリズムは感じる時が来るし、感じて当たり前なんです!

理想像って常に追い求めて進化させて行く、いわば憧れの未来の自分ですよね。

だとすると「ライフスタイル」が「理想像」に置いて行かれてギャップや違和感が生じるなんて当たり前!

では、どうすればマンネリや違和感の無いノンストレスライフを取り戻せるのでしょう・・・

それは・・・

理想像と同じくライフスタイルも進化させるべし!!

まとめ(マンネリサイクル)

マンネリズムを感じるタイミングが来る

②理想像の先走りに対して、進化してない日々に気が付く

③理想像に近づくためのライフスタイルに進化させる

①マンネリズムを感じるタイミングが来る

このサイクルで、自分の理想とする生き方を新鮮に保つ事がノンストレスライフを手に入れる方法ではないでしょうか!

私自身、ライフスタイルの質の向上を感じることは、確かな充実へと繋がりました!

自分論で語っちゃいましたけど、またマンネリ化した時にこいつを読み返そうと思いますw

最後まで読んでくださりありがとうございました!

p.s.恋愛に置いても同じかもしれませんね、それでは、おやすみなさい。